鍵トラブルが発生したら鍵を作り直す必要がある

鍵が折れてしまったときの対処法を知ろう~無理やり鍵は回さない~

鍵の種類を見てみよう~鍵トラブルもこれで安心~

鍵

現代では防犯性の高い鍵なども作られています。鍵の種類が増えており、種類によって特徴も性能も異なるのです。鍵トラブルを回避するためにも、折れにくい鍵に作り直すことをおすすめします。また防犯性能を向上させたいと考えている場合は、ディンプルキーなどをチェックしてみましょう。

鍵が折れたらこの鍵を選ぼう!

ディンプルシリンダーキー
ディンプルキーは、ピンシリンダーが一般的に使われていた従来の鍵と比べると、複雑化しています。複雑化させることで、ピッキングに対して強くなります。結果防犯性能が向上するのです。もしディンプルキーを選ぶ場合は、大手メーカーのディンプルキーを選ぶようにしましょう。大手メーカーのディンプルキーは、質が高く防犯性能も非常に高い物となっています。
暗証番号キー
暗証番号キーは決めたパスワードを、ボタンで打ち込むことによって開錠します。この暗証番号キーの特徴としては、鍵が必要ないことといえるでしょう。ですから鍵が折れて家に入れないなどの鍵トラブルが起きることがありません。鍵トラブルが起きないというのは、鍵をよくなくしてしまう人や、壊してしまう人にとっては魅力的なポイントとなります。
カードキー
カードキーはとても複雑な構造で開錠します。磁気を利用するものや、電気を利用するものなど様々です。カードキーは複雑なため、ピッキングの被害に遭いにくい傾向にあります。そのことから高い防犯性が期待されているのです。防犯性の高いことが理由となり、最近では積極的にカードキーを賃貸物件に導入しています。また財布のカードケースにもすっぽりと収まるので、持ち運びも便利です。

鍵の作成費用は?

鍵を何らかの原因でなくしてしまうことや、折ってしまうという鍵トラブルに見舞われたら鍵を作り直す必要があります。ピンシリンダーを直す場合は、500円~1000円で直すことが可能です。またロータリーシリンダーも、ピンシリンダーと同じ費用で直すことができるでしょう。ディンプルキーには、複雑で作りにくいということもあるため、2500円~5000円と高い傾向にあります。

TOPボタン