鍵トラブルを解決するために業者へ依頼する

鍵が折れてしまったときの対処法を知ろう~無理やり鍵は回さない~

折れた鍵は使用しないこと~鍵トラブルは業者に依頼しよう~

鍵が折れてしまった場合は、折れた鍵を接着剤でくっつけて使用することはしないように注意しましょう。鍵が折れたら業者に新しい鍵を作ってもらい、折れた鍵は使わないようにしてください。ではこれから鍵が折れた時の対応について紹介していきます。

鍵が折れた時は業者に相談しよう

鍵が折れた時は、ひとまず落ち着くことが大切です。最初にすべきことは、鍵がつまめて簡単に取れるかを確認することといえるでしょう。もし簡単に鍵が抜けないのであれば、すぐに業者へ連絡し相談をしましょう。もし鍵が抜けた場合は、抜けた鍵をまた修繕して使うなどはしないようにしてください。接着剤で付ける程度では耐久力も非常に弱いので、回した時に折れる可能性が高いです。もし一度使えたとしても、もう使わないようにした方が賢明です。折れた鍵は、捨てるか保存するなどしておき、新しい鍵をまた作ってもらうのが一番です。新しい鍵を作る際は、スペアキーも一緒に作っておくことをおすすめします。

業者に依頼するとこんな風に対応してくれます

鍵本体のみが折れた場合(30代/男性)

鍵が折れてしまった、もしくは先端が欠けたという場合は、もうその鍵は使い物になりません。鍵が折れるなどの鍵トラブルに見舞われた場合は、鍵を複製しておきましょう。シリンダーごとまったく別のものに変えるという方法もありますが、経済的にも負担が大きいのであまりおすすめできません。費用を安く抑え、問題を早期解決することを考えたら、鍵の複製が一番ということになります。折れてしまった鍵を、新しい鍵に変えることができます。

鍵穴の中で鍵が折れた場合(40代/男性)

鍵を鍵穴に入れた後に突然抜けなくなってしまうという、鍵トラブルがあります。鍵が抜けなくなるというトラブルが発生した場合は、恐らくシリンダーに問題があります。シリンダー内で鍵が引っかかっているようであれば、強引に引っ張るようなことはしないようにしましょう。玄関鍵が中で折れたまま付いた状態であれば、シリンダーごと取り外して分解すると、鍵の先端を取り除くことが可能です。

TOPボタン