鍵トラブルを未然に防ぐためには定期的な点検も大切

鍵が折れてしまったときの対処法を知ろう~無理やり鍵は回さない~

日頃の対策が肝心~鍵が折れないようにしておくべきこと~

鍵が中で折れるという、鍵トラブルを未然に防ぐためにも、日頃から対策することを心がけておくことが大切です。ここでは鍵が折れるのを未然に防ぐための対策を紹介してきます。



鍵トラブルを未然に防ぐには~原因ごとに異なる対策法~

シリンダーが原因で鍵が折れた場合
シリンダーが原因で鍵が折れてしまった場合は、鍵穴に何か詰まっている可能性があります。ほこりが詰まることで鍵が折れることもあります。もしくは、異物を意図的に入れられたか、接触不良によるものかと様々な可能性が考えられるでしょう。鍵が折れないようにするためには、まず鍵穴を定期的に点検すると良いです。ほこりやチリが詰まっていないかをチェックし、同時にいたずらされていないかもチェックしましょう。シリンダーを定期的に点検していれば、鍵トラブルも起きにくくなります。
鍵が原因で折れた場合
鍵が折れてしまう理由には、金属が劣化すること、鍵山の傷などが挙げられます。鍵は金属でできているためそう簡単には折れるものではありません。しかし長年使っていれば、劣化により脆くなってしまいます。脆くなってしまうと折れやすくなるので、鍵トラブルに繋がるケースも多いです。鍵が古くなったらまずは、鍵を新しいものに交換することを検討した方が良いでしょう。あと鍵山の斜面につく傷も、鍵が折れる原因となります。傷がタンブラーに引っかかることで、鍵を開錠する際に折れてしまうことがあります。鍵トラブルを避けるための対策としては、傷が付き古くなった鍵を、新しいものに変えるなどすると効果的な対策となります。

鍵が鍵穴で折れる原因には明確な理由があります。力を無理に入れ過ぎて折れる、という鍵トラブルは心がけ一つでどうにかできる問題です。心がけることも、鍵トラブルを避けるための対策となることを覚えておくと良いでしょう。

TOPボタン